スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子証明書を作成する

Androidマーケットにアプリケーションを公開する際には、 電子証明書で署名しておく必要がある。
この際に必要となる電子証明書はJavaに含まれている keytoolを使って、次のようにして作成できる。
 
コマンドプロンプトで証明書ファイルを作成したい ディレクトリに移って、
 
>keytool -genkey -v -keystore mykey.keystore -alias ☆ -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 10000
 
と実行する。
☆の部分には英数字で証明書のエイリアス名に使いたい 文字列を指定する。
 
この指定は10000日間有効な2048ビットのRSAの鍵ペアと自己署名型 証明書(SHA256withRSA)を生成するものだ。
 
『キーストアのパスワードを入力してください:』と言われるので パスワードを決めて入力する。
更に『新規パスワードを再入力してください:』と言われるので 同じパスワードを再度入力する。
このパスワードを署名時に使うことになるので忘れないように。
 
次に『姓名を入力してください。』と出て『[Unknown]:』と 出るので、英数字で自分の名前を入力する。
続けて『組織単位名を入力してください。』、『組織名を入力して ください。』、『都市名または地域名を入力してください。』、 『都道府県名を入力してください。』、 『この単位に該当する2文字の国コードを入力してください。』と 出て、それぞれ『[Unknown]:』と聞かれるので、これらに対しては 何も打たずにそのままEnterを押して進める。
 
『CN=★, OU=Unknown, O=Unknown, L=Unknown, ST=Unknown, C=Unknown でよろしいですか。』(★は先に打ち込んだ名前)と出て『[いいえ]:』と 出るので『y』と打ち込んで確定する。
 
『<☆>の鍵パスワードを入力してください』(☆はコマンドに指定した エイリアス名)と出て『(キーストアのパスワードと同じ場合はRETURNを 押してください):』と出るので、そのままEnterを押す。
 
処理が終わると『[mykey.keystoreを格納中]』と表示されて コマンドプロンプトに戻ってくる。
 
これで、目的のフォルダに『mykey.keystore』というファイルが 出来ているはずだ。これが電子証明書のファイルである。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : android
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

みっちょ (田上 暢顕)

Author:みっちょ (田上 暢顕)
 
30年以上ひたすら毎日プログラミングを続けているエンジニアの『みっちょ』です。

ここでは開発を行う際の覚書の他、私が日頃から色々な開発を行う中で便利だと感じているツールやサービスなどを紹介しています。



連絡先
 110651321
 michyox
 4348126
 Ravijour

友達申請などWelcomeです☆
基本的に断りませんので、お気軽に申請してください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。