スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUAでrshを利用するための設定

Windows VistaやWindows Server 2003 R2以降でSUAのrshを利用して コマンドを実行するには、以下のような手順で設定を行う。
 
まずはSUAが使用できる環境を構築する。
[スタート]-[コントロール パネル]-[プログラムの追加と削除]- [Windows コンポーネントの追加と削除]-[UNIX ベース アプリケーション用サブシステム] をインストールする。
 
次に[スタート]-[すべてのプログラム]-[UNIX ベース アプリケーション用サブシステム]- [UNIX ベース アプリケーション用サブシステムのユーティリティのダウンロード]から SUAユーティリティをダウンロードしてインストールする。
 
その後、コンピュータの管理ダイアログの[ローカル ユーザーとグループ]-[ユーザー]から rshでコマンドを実行するユーザーのプロパティを開き、プロファイルにある [ホーム フォルダ]の[ローカル パス]に実行するコマンドなどを入れるフォルダを設定する。
これをやっておかないと$HOMEがSUAのルートを指してしまい、 .rhostsが見つからない状態になってrshが失敗する。
 
ここからが設定。Administrator権限のユーザーでログオンしてKoen Shellを起動する。
 
vi /etc/inetd.conf
 
とやってviで/etc/inetd.confを開く。このファイルの中身を調べて、
 
#shell stream tcp nowait NULL /usr/sbin/in.rshd in.rshd -a
 
の#を消してこの行を生かして上書き保存する。次にこの状態で
 
kill -HUP `cat /var/run/inetd.pid`
 
とやってinetdに上で追加した設定を反映させる。更に$HOME/.rhostsをviで開いて、
 
hostname username
 
の形でrshでコマンドを投げるクライアントのIPもしくはホスト名と 投げるユーザー名を指定する。
ちなみに ユーザー名を+とすれば、そのホストからの全てのユーザーの認証を許可することができる。
この後、Korn Shellより次のコマンドを実行してファイルの権限を設定する。
 
chmod 600 "$HOME"/.rhosts
 
これで設定は完了。Korn Shellより
 
rsh hostname username ls
 
とやってファイルの一覧が出れば設定はうまくいっている。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

みっちょ (田上 暢顕)

Author:みっちょ (田上 暢顕)
 
30年以上ひたすら毎日プログラミングを続けているエンジニアの『みっちょ』です。

ここでは開発を行う際の覚書の他、私が日頃から色々な開発を行う中で便利だと感じているツールやサービスなどを紹介しています。



連絡先
 110651321
 michyox
 4348126
 Ravijour

友達申請などWelcomeです☆
基本的に断りませんので、お気軽に申請してください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。