スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPの認証情報のバックアップ

開発者の場合、続けて何度もOSを再インストールする 必要に迫られることなどは日常茶飯事だが、こんな時に 毎回アクティベーションを行っていたのでは面倒なことが ある。
 
Windows XPにおいてこれを回避するには、 『%SystemRoot%\system32』フォルダにある『wpa.dbl』が アクティベーション情報の保存ファイルなので、これを バックアップしておけば良い。
『wpa.bak』というファイルが存在することもあるが、 その場合、このファイルも一緒にバックアップしておけば 安心だ。  
Windows XPの再セットアップ時にはライセンス認証の 画面で『いいえ、後で数日おきに通知してください』を 選択して進めて、インストール終了後にセーフモードで 起動してWFPを切っておいて先のファイルを元の場所に 戻せば良い。
 
ライセンス認証が完了した状態になっているかどうかは コマンドプロンプトより、
 
>%systemroot%\system32\oobe\msoobe.exe /a
 
とやれば確認できる。
Windowsのライセンス認証ダイアログが表示されて 『ライセンス認証の手続きは既に行われています。 [OK]をクリックして終了してください。』と表示されれば ライセンス認証された状態だということだ。
先のファイルをバックアップした時点とサービスパックレベルが 違ったり、ハードウェアに大幅な変更があった場合は アクティベーションが要求される。
あくまで何度も繰り返し同じPCに同じ環境を 構築し直す場合にだけ使える手順だと認識しておくべきだろう。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

みっちょ (田上 暢顕)

Author:みっちょ (田上 暢顕)
 
30年以上ひたすら毎日プログラミングを続けているエンジニアの『みっちょ』です。

ここでは開発を行う際の覚書の他、私が日頃から色々な開発を行う中で便利だと感じているツールやサービスなどを紹介しています。



連絡先
 110651321
 michyox
 4348126
 Ravijour

友達申請などWelcomeです☆
基本的に断りませんので、お気軽に申請してください♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。